原点に戻るとき

アダルト動画はもちろんのことながら、その映像を見て、その中の興奮するシーンを自分で楽しむわけですよね。

でも斬新的なものとしては、むしろ映像を見ないという表現が正しいのかもしれません。

正確に言いますと先を想像して自分でシーンを作ってしまう。

そのパターンが一致するときというのは、最も興奮すると思いませんか。
私たちだってすてきな女性をデートに誘った時、その先には必ずセックスをしたいという希望があるはずです。

その先のことを考えて最初から計画を立てているわけですが、

それがうまくいくからこそ、さらに興奮すると思いませんか。
もちろん予期せぬ出来事や思いもよらぬことでうまくいく場合もありますが、

そういった場合の興奮度と、自分が思っている以上に思っていたことがうまく運んだ時の興奮度は違うと思いませんか。
そんな感覚でアダルトビデオを見ると、先を想像した時に自分の考えと一致する映像が出てきたときの感動。

これは多分、余計に興奮すると思うんですよね。
そうです。

私の一番のアダルト動画の楽しみ方は先を想像するということ。

これが一致すれば、どんな機械を使ってもきっと成功すると思うんです。

どうですか。

やっぱり想像力が一番興奮すると思うんですよ。

彼女の裸を想像するのと同じだと思いませんか。

きっと皆さんも表現の仕方が違うかったとしても同じようなことを思っていると思います。

やっぱり、全く新しいというか基本的にはオーソドックスなパターンが一番興奮するんですよね。

私はそれに気づきました。