究極の楽しみ方

楽しみ方って人それぞれですものね。

自分のやり方をいってみたら、「そんなやり方があるんだ?」と言われる時もありますし、

そのやり方が楽しいのに自分はいや。ということも。

人それぞれによって違いますね。
ある人のやり方を見て、そのやり方をそっくりそのままやった時にあそこが痛くて仕方がありませんでした。

それはそのやり方が畳の上で、あれをこすりつけて自慰行為をするというものでした。

私はどうもそれは苦手でした。
それがいいかどうか別にして、楽しめたかどうかというと、やっぱり楽しめませんでした。

ふと思ったのですが、気持ちいいのと楽しんだとは一致するはずなのですが、一致しないことを楽しんでる人もいるんだなということがわかりました。

オカルトなどもそうですし、ホラーなどもそうですね。

怖かったり、嫌がることをしたりすることによって、興奮を感じるということ。

そういうアダルト動画の楽しみ方を考えると、

意外とゲテモノのようなものの方が、そういう人にとっては興奮するかもしれませんね。

私は無理ですけど。

はじけて楽しむだけ楽しんじゃえ!!みたいなところがいいのかもしれません。

ホラーを見ながらアダルト動画を見る。

いや、アダルト動画中にホラー的な要素がある方がいい。

いろいろな方法があるかもしれませんね。

たとえば辛いものを食べるのがすきでも、その中に最高に辛いもの食べることによって、痛いと感じるのが多い。

でも、それが快感。

何だかわけわからなくなってきますが、その感覚がもしかしたら、究極の楽しみ方をしれませんね。